コンテンツへスキップ

の母方の祖母は呉服店を営んでいました。父方の祖母は着物が大好きでよく母の実家の呉服店で着物を誂えていました。

そんな二人の祖母の影響で私も着物が大好きになりました。

成人式の着物は勿論母方の祖母の見立ててくれた振袖ではんなりとした古典柄のついた黒地の振袖で少し個性的な所が大好きでした。

成人式から4年程経ったときに親友の結婚式に招かれ再びこの黒い振袖をきて出席しました。

その時に親友のお母さまが「着物を着て出席してくれて嬉しいわ」と喜んでいただけた事が今でも嬉しい思い出です。

若い頃は姉と一緒にお気に入りの着物を着て歌舞伎を見に行ったり美術館へ行ったりしました。

着物の良い所は体型をあまり選ばない所と流行が無い所かな?と個人的には思っています。

背丈の小さな祖母の着物を随分私のサイズに仕立て直して貰い受け継ぎました。

父方の祖母は活動的な人であちこちパーティー等に顔を出すような人だったのですが

着物を着ているだけで周囲の人から丁寧に扱ってもらえるとよく言っていました。

確かに絹で織られた帯や着物はそれだけでゴージャスで上品な雰囲気を醸し出すので

中身の人間が例えイマイチでも数割魅力がアップするんじゃないかな?と個人的には感じています。

私は普段ガサツに過ごしていますが所作も着物を着ているだけでゆったり上品になる気がします。

二人の祖母から私と姉だけで40枚程貰ったので桐ダンスが一杯になってしまいました。

母の妹も自分の子供たちは男の子ばかりだからと私に着物を託してくれています。

祖母たちの物に叔母の物や母の物を加えると100枚以上になってしまい

これらの着物を全てキチンと着れるだろうかと嬉しい事ですが少し不安に思っています。

今は父親の介護をしていて着物を着てどこかへお出かけする時間も気持ちのゆとりも無いですけどね。

時間がある時に整理して着れない着物は処分しようと思います。私のように処分する方は、出張買取が良いみたいですね。私も申し込んでみようと思っています。

※名古屋で着物の買取を考えているなら・・・https://nagoyakimono.com/

私は24歳のフリーターですが、ちまちまたまにアルバイトをする程度の実質無職です。年収は50万も無いくらいです。

それなのに私はパチンコにハマっておりなかなか辞めることが出来ません。

始まりは20歳ごろで、当時建設業でそれなりに稼いでいた私は友人に誘われて行ったパチンコでビギナーズラックで大当たりをしてしまいました。ジャンジャンお金が出てきてその日だけで10万円ほど儲かったのを覚えています。「汗水垂らして日給1万くらいなのに、こんなに楽に稼げる事があるのか」とパチンコの魅力に取り憑かれてしまいました。

それからというもの、友人に遊びに誘われるたびにパチンコに行くことを打診したり、逆に友人をパチンコに誘ったり、ついには1人で車を走らせてパチンコ屋に行くほどになってしまいました。

家に居る時もYouTubeでパチンコの動画ばかり見て、夢にまでパチンコが出てくることもありました。

そしてパチンコに行く頻度が増えるにつれて私の負け金額は膨らんでゆき、それを取り戻そうとパチンコに行くという悪循環に陥ってしまうことに。

その頃は実家暮らしで給料は手取り20万ほどあったのですが、そのうちの15万円は毎月パチンコに消えていっていました。友人の遊びの誘いを「パチンコ行かないといけないから無理」と断ったエピソードは今自分で考えても少し異常かなと思います。

そして建設会社も辞めてフリーターになった私は、当時ほどパチンコに費やすお金もなく全盛期よりはパチンコ熱もマシにはなりましたが、やはり未だにスッパリ辞めることはできません。

今でも、なけなしのお金をパチンコに費やしたり、親に金を無心してパチンコを打つくらいにはギャンブルに依存しています。

そして私はとうとうキャッシングに手を出しそうになっています。支払い日までにバイトを沢山入れて後払いすれば大丈夫だろうという気持ちと、流石にそれは一線超えてしまうのでは無いかという恐怖心が葛藤しています。

キャッシングはさすがに良くないでしょうか?私はもう良く分かりません。でもこのサイトに書いてあるようにきちんと注意すれば大丈夫な気もするのですが・・・。

プロミスとアコムどっちでお金を借りるのがいいか?検証結果

学生生活を振り返ると一生懸命勉強したとはいいにくいです。
正直親になっている今、親の立場で考えるとお金を払っているのになんてもったいないことをしていたんだろうと思いますし悪いなと思います。

大学生になって目標というものはなくまだ働きたくなく楽しいことをしたいなと思いながら入学しました。
一応最低限の単位だけは取るようにしました。
そこの大学でとれる免許もあったので教師になるつもりはなかったですが教員免許だけはとったのでまったく勉強しなかったというわけではなく最低限のことをしたというだけです。

時々授業をさぼって遊びに行くことも何度かありました。
その時は、代筆などで行ける場合は出席をしている風にごまかしていました。
友達に頼んでおくとまわってきた出席簿に丸を付けていてくれるのです。
授業によっては発表させられたり返事をさせられるようなときは無理でした。

大丈夫そうな授業を狙って友達とカラオケに遊びに行ったりすることもありました。
コンパも何度か友達の誘そわれ遊びに行ったことがあります。
違う大学の異性と出会うのは女子大だったので刺激的でした。
ほとんどは、同じ女子大の友達同士で遊びに行ってつるむような形でした。

いろいろな地方から集まっている友達とかもいたので一人暮らしの子の家に泊まりに行ったりして遊ぶことが多かったです。
何かあるたびにみんなで遊びに行き楽しかったです。
勉強の方は、仲が良いグループとは別の友達にノートをコピーさせてもらうこともありました。

学生生活の時に好きなアーティストができてそのツアーにいろいろな地方に遊びに行くこともありました。
アルバイトをしてアーティストがライブをすることになると東京や名古屋や四国などに遊びに行ったりしていました。
学生生活は自分の趣味に満喫していたと思います。